[マネジメントの真実]有能なマネジャーはいない?マネージャーだって教えて欲しい

有能なマネージャーはいない?

能力主義の階層社会では、人間は能力の極限まで出世する。したがって、有能な平(ひら)構成員は、無能な中間管理職になる。

Wikipedia「ピーターの法則」より

ピーターの法則を聞いたことがあるだろうか。

「自分は有能である」と言い切る人もいるかもしれないが、おそらくはほとんどの人がそうは思わないだろう。

優秀な社員が優秀なマネージャーになるとは限らない。当然と言えば当然のことだが、それ以上にマネージャーは成果が見えづらいことが自己評価を難しくしているのではないかと考えている。

  • メンバーが言うことを聞かない
  • メンバーは完全に自分の言うことに従う
  • メンバーが体調を崩した
  • メンバーは全員健康だ
  • 全く売り上げが上がらない
  • 売り上げ目標を達成した

これらのどれに当てはまり、どれに当てはまらなければ優秀なのか。

どこにマネジメントが影響しているのか、していないのか。

自分の成果だと感じる人もいれば、感じない人もいる。

落ち込む要素はたくさんあるものの、喜びを感じることはそれほどない。

加えて本当に無能と言える中間管理職も当然いる。

努力し有能になるとまた違うフェーズとなり、やがて無能になる。

有能なまま極限まで到達するものはほんのひと握りで、一生のうちに出会えるかどうかと言ったところだろう。

プレイングマネージャーの真実

マネジメントの書籍ではプレイングマネージャーはやるべきではないと言うのをよく見かける。

マネージャーはマネジメントに専念すべき。

プレイングマネージャーはいわば野球で言うところの監督兼選手。フィールドが違う二刀流だ。

選手として誰よりも優れているのであれば現役を続けるべきだし、そうでなければ監督に専念すべきだ。

どちらも中途半端になることは目に見えている。

自分が誰よりもできると言う勘違いから部下の成長機会を奪うことにつながり、部下が育たない状況も生みかねない。

なぜプレイングマネージャーは生まれるのか。

人手不足が原因であることは明白だが、それ以上の原因があると考えている。

それはマネジメント力が不足しているからだ。

マネジメント力が不足したマネージャーの元ではあらゆる問題が起きる。

  • メンバーが育たない
  • 育たないためいつまで経ってもマネージャーが対応している
  • マネジメントで成果が出ないためわかりやすい成果を求めている
  • そもそも名前だけのマネージャーで何をすればいいのかわからない

プレイングマネージャーのほとんどはマネジメントをしていない。

重要な会議に出席したり、部下の評価を行うだけでマネジメントをしていると勘違いしている。

当然ながらマネジメントというものは感覚だけでできるようになるものではない。

しっかりと勉強し実践しなければ身につけることはできない。

こちらもオススメ

出世したいと思ったことはありますか? 私は昭和の生まれで社会人になったのは20年ほど前のことになります。今とは時代が違う、というといかにも年寄りが言いそうなことですが、実際に今とは違ったと思います。 なぜ人は出世したいのか […]

マネージャーだって教えて欲しい

マネージャーに昇進して新人の頃のように親切に何かを教わったという経験をした人はいるだろうか。

マネージャーは自主性や能動的であることが求められる。

何かを学ぶには自らの意思で外部のセミナーや本から学ぶしかないかもしれない。

しかしマネージャーになって何も学ぶことがないという人があまりに多い。

なぜマネジメントを学ばないのかというと、それはうまくいっているからに他ならない。

正確には、うまくいっていると思い込んでいる。

それまでのプレーヤーの経験を元にプレーヤーの延長線上としてマネジメントを行う。

プレーヤーとしてのアドバイスを行う。

売り上げが上がる。

一見してうまくいっているように感じるかもしれない。

メンバーに慕われ、売り上げ目標を達成する。

この上なく成功しているように見える。

しかし実態はプレーヤーの経験を元にした感覚によるものに過ぎない。

目先の成果は挙げられるかもしれないが、そのまま昇進を重ねることでいつか経験が追いつかなくなる時がくるかもしれない。

そうなれば見事に無能な管理職の出来上がりだ。

マネジメントは学ばなければいけない。

逆に言えば、プレーヤーの時と同じようにマネジメントは学ぶことでできるようになるということだ。

マネジメントに興味がない人が増える中、マネージャーはマネジメントの素晴らしさを伝え育てることも重要な役割と言えるだろう。

最新情報をチェックしよう!